B型肝炎とは?

近年様々な感染病が猛威を振るう中で、長い間に渡って問題視され、研究に取り組まれてきた病気があります。
それが、「B型肝炎」です。
名前だけでも聞いたことがあるという方は多いでしょう。
病名だけ聞くと内的な要因により引き起こされる病気のような気もしますが、B型肝炎は「ウイルス性肝炎」の一種であり、感染症に分類されます。
よくC型肝炎と混同されますが、B型肝炎は症状が長期に及び、感染力が高いのが特徴です。
どちらかと言うと、C型肝炎よりは肝硬変等のリスクは小さいと言えます。

B型肝炎は、「B型肝炎ウイルス」に感染することにより発症します。
感染すると、肝臓の機能が低下し、様々な症状を引き起こします。
まず多く発症するのが「急性肝炎」です。
肝臓の細胞が破壊され、肝臓の機能が低下します。
急性肝炎は自然治癒が可能です。
急性肝炎は短期間での治癒が可能ですが、対照的に「慢性肝炎」は長期に渡り肝臓の機能が低下します。

また、「劇症肝炎」を発症すると、その危険性はとたんに倍増します。
劇症肝炎は特に生存率が低い症例であり、おおよそ8週間以内に高度肝機能障害を引き起こすと言えわれています。
劇症肝炎に掛かると、「肝性脳症」を引き起こす場合があります。
いわゆる「脳症」の一種であり、体の震えや性格の急変、意識混濁や意識不明などの症状を引き起こします。
この劇症肝炎は治癒方法が確立されておらず、多くの方がこれで命を落としています。
一刻も早い治療方法の確立が不可欠です。



≪外部リンク≫
弁護士にB型肝炎の給付金請求を手続きしてもらえます > B型肝炎 弁護士